タグ:マッサン あらすじ

記事一覧

マッサン ネタバレ エリーの手料理が好評

マッサン

s-ryouri_woman_manaita

株主たちに
本場のウイスキー原酒を
飲んでもらった。

「えらい煙臭い酒やな!」

顔をゆがめる者
咳き込んでしまう者と「やっぱり日本人の口には合わへんな」
と不快感を表していました。

絶体絶命のマッサン(玉山鉄二)がピンチ、
そこへ突然あらわれた
エリー(シャーロット)さん。

優子(相武紗季)さんらと考えた
ウイスキーに合う料理を用意していて
それをテーブルに並べました。

スコットランド料理ですね、
「料理に合わせて、
是非ウイスキーも一緒に飲んでみてください。」

株主の表情が一変しました。
洋食とウイスキーが
絶妙な組み合わせで

煙臭さが消えていて
口々にうまいと言っていました。

長五郎さんが指摘しました。
「せやけどここは日本や、
洋食にあっても和食に合わん酒では
商売にならへん!」

さらには和食を
次々と並べていきました。

株主が驚くほど、
和食もウイスキーに合いました。

エリーさんしか出来ない
内助の功のお陰で、

おいしいとウイスキーへの
評価が一変してしまいました。

意気消沈していたマッサンも
大作(西川きよし)さんと

ウイスキーづくりにかける
熱い思いを株主たちに
訴え続けました。

「どうかわしらに、日本の水と大麦で造る、
日本で初めてのウイスキーを
造らせてつかあさい!」

株主から大きな拍手に包まれていました。

  

マッサンのあらすじ 28話

ウイスキー原酒を一口飲んで
株主たちは、とってもまずくて
ピンチにたたされた
マッサン(玉山鉄二)。

そこに
エリー(シャーロット)が

現れてウイスキーに合う
西洋料理や和食を
次々に出して好評をはくした。

  

マッサンの感想 28話 10月30日(木)

エリーさんや優子さん達の女性陣の
チームワークが良かったですね、

洋食や和食を準備して
まさに内助の功でしょうか

マッサンは
エリーさんや優子さん
に助けられました。

会議の展開としては
大成功だったと感じています。

ウイスキーの良さも
評価してもられたようだしね

今回も土下座がありましたね
最近とっても目につきます。

マッサンも社長も社員も、

でも
あの矢口さんは会社を
どう思っているんでしょうか?

一緒に土下座までしなくとも
お辞儀くらいはと・・・

数日後

株主会議の結論を持って
大株主の長五郎さんと
藤岡さんが同行してやっていました。

一寸渋いような顔色でした・・・

はたしてOK何でしょうか?
明日の展開が今から
気になるところです。

マッサン 感想 28話でした。

マッサンのネタバレ 太陽ワイン生産の再開

マッサン

 

マッサンのネタバレ

大作(西川きよし)さんのじか談判に
心打たれた鴨居(堤真一)さんは、

これまで通り太陽ワインの生産を
自社で行うのでなく
住吉酒造に任せることを決めてくれた。

「ようわかりました!
これからも太陽ワインは
全て住吉さんにお願いしまひょ!」

但し
ウイスキーでも負けまへんで」

そんな会話があって

再び工場に活気が戻っていた、
住吉酒造であったが・・・・

ワインの製造が再開できたことを
エリーさんに報告したマッサン。

「・・・・そう」

そっけない返事にマッサンはがっかり。

一人
専務の矢口(白井晃)さんだけは
より反発を強めていました。

マッサン(玉山鉄二)と大作さんは、

株主や銀行に
ウイスキー事業を承認してもらうため
飛び回っていまいした。

しかし、

誰もが大株主の長五郎(中村嘉葎雄)さん
次第だといって相手にされず、
毎日頑張っても

その努力が分かってもらえないと

マッサンはいらだっていました。

 

あらすじ

マッサン(玉山鉄二)と大作(西川きよし)は
ウイスキー事業が出来るように
株主のところへ奔走していまた。

でも筆頭株主の長五郎(中村嘉葎雄)
次第だといって
話しは進展していない。

感想 

今日大作さん
経営者として立派でしたね

鴨居さんとの直談判です。
頭を下げつつも
悔しい思いをこらえて

頭を下げて決意を述べました。

鴨居さんも
やはり大物の感じです。

それを受けとめ
太陽ワイの製造を快諾していました。

鴨居さんもウイスキーでは
負けないと断言していました。

よきライバルとして
今後が楽しみ
だと感じています。

エリーさんがかなりしっかりとして
奥さんに成長してきましたね。

日本に来た頃とは、
違って見えます。

マッサンの言うことを
ただただ聞く奥様でなく

自分の考え方も
マッサンにどう接したら
心得てきている感じです。

ワイン再会で
単純に喜んでいるマッサンに
一寸すれたエリーさん

悪い酔いした
マッサンに水をかけた。

酔いだけでなく
心の迷いまで目を覚めさせた
エリーさん

これも内助の功でしょうか、

一寸気になるのが

社長はウイスキー作りに意欲的です。
それは、マッサンを資金を出して
留学までさせているからですね、

でも

矢口専務は反対で
勝手に「ポットスチルの製作」をやめさせるし、

もともと
会社の方針で
マッサンを留学させたのではないでうか?

だったら

全社をあげて
日本初のウイスキー造りに
協力してもいいと思っていますが・・・・

だから
臨時株主総会も
開催が危ぶまれています。

マッサンまたも土下座です。
土下座のシーンがまたも・・・

そんな様子を
エリーさんはきょとんとしてましたが
どう感じているのでしょうか?

でも祖父の長二郎さん

可愛い孫の優子さんに
懇願されて

株主総会の開催でしょうか・・・。

マッサンのネタバレ 内助の功に悩むエリー

マッサン

エリーさんしかできない
内助の功を見つけてよ・・・。

マッサンのネタバレ 25話

喧嘩の翌朝はエリーさん
頭まで布団をかぶったままです。

マッサンの面倒を見る氣はありません。
朝食の支度も出来ていません。

マッサンなんとか、靴下など探しながら
身支度をしてやっと出勤です。

一方
エリー(シャーロット)さんは

鴨居(堤真一)さんに
マッサン(玉山鉄二)を
雇って欲しいと頼み込んでいました。

しかし、

鴨居さんは受け入てくれません、

エリーさんにアドバイスをしていました。

「内助の功」で
マッサンを夫を蔭で支えるや、
「エリーちゃんにしかできんことがな」

エリーさんはどうやって
支えたらいいのか
思い悩んでおいました。。

一方、

マッサンは
住吉酒造に残ることを
大作(西川きよし)さんハッキリいいました。

必ず一緒にウイスキー造るんで!
決意を新たにする
大作さんとマッサンでした。

そんな中、

住吉酒造の大株主である
大作さんの義父・長五郎(中村嘉葎雄)さんが
訪ねてきました。

「株主総会は、取り止めにしたで!」

大作さんとマッサンは
「ええっ!」

その傍らにいた
矢口専務はにやりと笑っている。

「あんなまずいもん、
他の株主かて承認せえへん。」


マッサンのあらすじ 25話

エリー(シャーロット)は
自分で出来る「内助の功」とは
どうするのか悩んでいました。

一方、

マッサン(玉山鉄二)は
大作(西川きよし)と
日本初のウイスキーづくりの夢に
向かって強く誓い合うのです。

マッサンの感想 25話 10月27日(月)

夫婦の仲も
喧嘩があってね

あらから40年の
中高年の皆さんは

昔のことを思い出して
涙した方ありませんか?、

あの頃の
若かったころの事ですよ
記憶が戻って、

お互いがやさしくしていてね

内助の功
悩んでいるエリーさん

エリーさんにとっては
難しい日本語だと思っています。

日本の男性は
今も昔のように
内助の功で支えれているんでしょうか?

ふと考えてしまった
今日この頃です。

エリーさんにしか出来ない
内助の功が
見つかるといいですね。

それにしても
矢口専務は何を考えているんでしょうか?

社長の大作さんを差しおいて
大作の義父である
長五郎に告げ口をしているようです。

マッサンのウイスキー造りには
反対の用だったからね。

簡単に出来ないことが
逆にドラマの
おもしろさかも知れません。

マッサンのネタバレ マッサンがスカウトされた

マッサン

鴨居(堤真一)さんが
太陽ワインの返品で

そのため社運をかけての
危機脱出のために
斬新な企画を考えていました。

新しいポスター
料亭を借りて撮影していました。

そんな重要な現場に
マッサンも立ち会ったのです。

女性が大胆にも
ヌードになって
ワイングラスを手にする姿です。

撮影後マッサン(玉山鉄二)は
鴨居さんは
独裁者みたいな人だと思っていたが・・・

自由で新しい意見を取り入れる
社員の意見もよく聞く
鴨居さんにを見直したようでした。

「会社での一番の財産は人や。
人間が成長せなんだら、
会社も成長でけへん」

そこで突然鴨居さんは、
「うちで働いてみぃひんか?」

一緒にウイスキーをつくろうと
言い出しされて

急な話に驚くマッサンでした。

一方、

会社のためにお見合いの当日

結婚を決めた
優子(相武紗季)さん

エリーさんは
田中家に駆けつけていました。

お見合いは終わって
結婚はめでたく決まったようです。

台所では
優子さん
お祝いの赤飯炊いていました。

せいろから激しく湯気が・・・
エリーさん蓋を取ろうと手をかけると

優子さんが
「あかん!」

なんでエリーさん
いつも・・・いつも
蓋開けようとするん!

それは
自分がいろんな感情にも
蓋をしていることへの気づでもあった。

マッサンのあらすじ 23話

新たな広告制作の中、
マッサン(玉山鉄二)は
鴨居(堤真一)に突然スカウトされる。

一方、

会社のため結婚を決めた
優子(相武紗季)に
エリー(シャーロット)は…。

マッサンの感想 23話 10月24日(金)

  • この物語は実話だということで
    ヌードのポスターは本当にあったの?気になったので、
    実際のポスターの写真を検索して見つけました。
    http://goo.gl/jIpVZK

    当時としては、
    凄いポスターで驚かれたと感じています。

    ワインだけがカラーで、赤が引き立っています。
    さすが、鴨居さんだ。

    着眼点の鋭さを感じました。

    マッサンと違って
    遊び心があってネ、
    見習いたい点でした。

  • 今日の優子さん、
    自分でも納得して、家の為に答えを出した
    住吉酒造のため結婚を決意。また何故一度断った見合いを・・・・
    聞かれていましたね、

    英文タイピストの仕事がやりたかったと
    「キッパリ」と返答

    相手の男性で
    いい人のようでハンサムだし、
    お金持ちだしね、

    決めてよかったと思っています。

あさイチの「朝ドラ受け」

直前まで放送されていた「マッサン」について
有働由美子アナとイノッチの

マッサンの感想23話の感想です。

昨日からスコットランド祭りで
チェック模様を衣類に
取り入れているようです。

今日は住吉酒造の社長の大作さん
西川きよしさんが出演していました。

西川きよしさんのチェック模様は
ネクタイでした。

スコットランドへは行ったことがないようですが、
娘さんは行ったようでした。

3人で見たということで
裏情報を教えて頂きながら
見ておったようでした。