朝ドラ「マッサン」のネタバレです!

NHKの朝ドア「マッサン」のあらすじやネタバレ情報です。

マッサンネタバレ12/1 55話

政春が大きな地図や資料を 抱えて帰って来た。
「見つけたど! 北海道じゃ! 北海道」


政春は、エリーに写真を見せた。

「似とるじゃろ、これも・・これも
調べたら、北海道は気候も スコットランドそそっくりなんじゃ」

「わしゃここにウイスキー工場を
建てたらええ思うとる」


鴨居商店への入社が決まったマッサンは

スコットランドに風土が似た
北海道に工場を建てたいと語り、 エリーは嬉しくてたまらず、政春に抱きついた。

さらに
就職祝いに

「エリーに何かプレゼントをしたいのう。
何でも欲しいもの言うてくれ」

「何もいらない。
もうすぐマッサンの夢が叶う。
それだけで十分」

エリーはなぜか照れてしまって
欲しい物を言うことができなかった。

鴨居は社長室に部下を集め、
改めて政春を紹介した。


ウイスキー部門の工場長となったマッサンは、

鴨居に

「あとは工場の場所と、
職人の確保をどうするかです」

「工場長の意見は?」

「まず工場用地ですが、
わしは北海道がええと思います」


工場の設立場所として北海道を、

そして

職人に関しては広島から
酒造りを経験した人がええと思います」


「やってみなはれ!
とにかく、何でも思いどおりにやってみい!」

マッサンネタバレ12/2 56話

「他にもスコットランドみたいな
土地がないとは限らん。

大阪の近くで探してみてくれ。」


鴨居から北海道ではなく、

大阪周辺で最適の工場用地を探せと
命じられて、
仏頂面で帰って来た。

「全部任せる、
思い通りにやてみいと言うたくせに」

政春が鴨居に腹を立てているのだと知ると、
エリー冷静に言った。

「コストを考えるのは、
会社のボスとして当たり前」

翌日から政春は、
大阪の近くでウイスキー造りに適した
環境を探し始めた。


そして

調査報告の席で再度
「やっぱり北海道に勝る条件はありません」



政春はどうしても北海道以外
考えられなかった。


北海道が最適だと主張したが、
鴨居はあっさりと 「山崎の地にしよ」と言うたら、

さらに社員の紺野たちから
「輸送の経費がかかりすぎる。
輸入で十分や思います」


北海道はリスクが高いと非難されてしまう。

一方、


エリーは仕事の愚痴ばかりで
プレゼントの話を全く聞こうとしない

「プレゼント?
ガスでもミシンでもええ言うたじゃろ」

「じゃあ、改築してもいい?」

「改築?、
好きにしえええ言うたじゃろ」


「・・・そう、わかった」

キャサリンや大工の信ちゃんらと
勝手に家の改築話をさせてもらうまでだと、
エリーは思っていた。

マッサンネタバレ12/3 57話

ウイスキー工場の
新人採用面接を受けようと
30人ほどの男達が集まってきた。

「3人ずつにしようか」
鴨居の提案にマッサンは反対した。

「1人でやっても
3人でやってもあかん奴はあかん。
3人ずつや。すぐ始めよ」


3人ずつ面接することになった。
これにはマッサンは不満であった。

更に

「芸は? 歌でも踊りでも、何でもええで」


鴨居は、受験者たちに
芸をさせ続けた。


酒造りの経験ではなく
一芸ばかりを見て採用する
鴨居にあきれ、

もう一度募集を
し直そうと主張したマッサン。


さらに、

「ところで工場はどないなっとる?」

政春は慌てて模型を持って来た。

鴨居は工場の建物の配置を
勝手に並び替えて変えてしまった。

マッサンが精巧に作り上げていた
模型は、すっかりめちゃくちゃになっていた。

マッサンは仕事帰りに
「こひのぼり」でやけ酒を飲んだ。

一方、

エリーは信ちゃんから
日本家屋の特徴を
たくさん教わってのだ。

そして
あることを発見するのだった。

マッサンの工 場がある北海道の余市町を旅してみませんか!

 


マッサンネタバレ

特定商取引法に基づく表示